エンタメ情報

【エンタメ】行ったつもりシリーズ=のんびり過ごせる蓼科湖で巨峰ソフトをペロリ

蓼科湖まで、クルマなら茅野市の中心からビーナスライン経由で車で20分ほど(撮影:光石達哉) 不要不急の外出自粛が求められる今、サイクリングなどの運動を控えている人も多いだろう。そこで、今回は過去に自分が自転車で出かけて、ちょっとマイナーだけど印…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=下を向くのも悪くない 魔性の女“スミレ”に誘惑されてみよう

東京都内の自宅付近で咲いたスミレの花。アスファルトの割れ目から力強く花を咲かせている。2013年4月13日 (撮影:安藤伸良) 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根…

【雑学】人はものまねを見るとなぜ笑う?

笑う門には福来る(写真:photoAC/バカボン君) 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ともすれば暗くなりがちな昨今。だからこそ、できるだけ明るく過ごしていきたいところだ。 今回は自分も周りも明るくする「笑い」についてガチで調査。中でも、…

【エンタメ】東京の花見スポット サイクリングで1日何カ所回れるか?(後半戦)

東京の花見スポット巡り、後半戦スタート! 何カ所回れるかな?(撮影:光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実際に足を運び、体験した海外&国内のプチ情報を紹介する。2020年は暖冬…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=花見を自粛している皆様のために サクラのあれこれ②

山口県岩国市の錦帯橋とサクラの花 2018年4月2日 (撮影:安藤伸良) 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根ざした自然観察会を開き、自然を守るための仲間づくりに励…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=花見を自粛している皆様のために サクラのあれこれ①

日本人が大好きなサクラの花 東京都杉並区の善福寺公園で咲いたソメイヨシノ 2010年3月27日 (撮影:安藤伸良) 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根ざした自然観察…

【エンタメ】東京の花見スポット サイクリングで1日何カ所回れるか?(前半戦)

蘆花恒春園では1997年に長野県高遠町(現伊那市)から贈られたという高遠小彼岸桜が満開。菜の花畑とのコラボも良い (撮影:光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実際に足を運び、体…

【エンタメ】海外こぼれ話=ミャンマーの物売り少女が美人だけど超生意気だった

ヤンゴンの中心部にあるボーヂョー・アウン・サン・マーケットの正面入口。かつてミャンマーはイギリスの植民地だったので、建物も英国風だ (撮影:光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=冬は松の木も腹巻が必需品 「こも巻き」って何?

松のこも巻き 杉並区の善福寺公園 2014年12月24日 安藤伸良撮影 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根ざした自然観察会を開き、自然を守るための仲間づくりに励んで…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=春が待ちきれない! フクジュソウを見つけて幸せになろう

東京都内の自宅で咲いたフクジュソウの花 2014年2月25日 安藤伸良撮影 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根ざした自然観察会を開き、自然を守るための仲間づくりに…

【エンタメ】海外こぼれ話=エジプトで「ミュージーアムおじさん」に気をつけろ!

おじさんの言う「ミュージーアム」ことお土産屋の屋上からの景色。確かに3大ピラミッドとスフィンクスが一望できるいい場所ではある(写真:光石 達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実…

【雑学】階段の踊り場は○○に起源があった

日本における踊り場誕生のきっかけは意外な出来事だった?(写真:photo AC/acworks) 言葉とは不思議なもので、組み合わせ次第で思わぬ方向へ意味を変えてしまう。例えば、マンションにもよくある「踊り場」。来日したての外国人なら「ダンスフロア」を思い…

【エンタメ】海外こぼれ話=インドネシアでSIMカードを使ってみた

今回、購入したSIMカードのパッケージ。行先の国や日数によって値段や種類は様々だが、Wi-Fiルーターを借りるよりはお得だった(撮影・光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実際に足…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=変な名前の木「ナンジャモンジャ」ってどんなモンジャ?

ナンジャモンジャの花 東京都調布市の深大寺 2015年5月1日 安藤伸良撮影 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根ざした自然観察会を開き、自然を守るための仲間づくり…

【エンタメ】海外こぼれ話=なんとヨルダンでUberに乗ってみた!

しばらくするとクルマがやってくる。見た目はタクシーのようなカラーリングではなく、普通の乗用車だ(撮影・光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実際に足を運び、体験した海外&国…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=羊だ!ヤギだ!いや爆笑するサル?! 冬は「芽」が面白い

写真①羊やヤギの顔に見える? 玉川上水のオニグルミの冬芽と葉痕 2009年1月4日 安藤伸良撮影 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根ざした自然観察会を開き、自然を守…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=「バクチノキ」ってどんな木?

バクチノキの花 調布市の神代植物公園 2009年9月27日 安藤伸良撮影 自然観察指導員とは、自然を守る登録制のボランティアのこと。「自然観察からはじまる自然保護」を合言葉に、日本各地で地域に根ざした自然観察会を開き、自然を守るための仲間づくりに励ん…

【エンタメ】海外こぼれ話=ひとりディズニーのススメ

(写真:長松巧) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実際に足を運び、体験した海外&国内のプチ情報を紹介する。今回は弊社のインターンである地方出身の大学生が短期留学へ行き、大胆にも米…

【エンタメ】海外こぼれ話=ルワンダでもらえる「イエローカード」って何?

注射でもらえる「イエローカード」って何? (撮影:光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実際に足を運び、体験した海外&国内のプチ情報を紹介する。今回はナゾの「イエローカード…

【エンタメ】海外こぼれ話=インドネシアでビールが飲みたい!

インドネシアのビンタンビール。現地で写真を撮り忘れていたため、帰国後に近所のインドネシア料理屋で撮影。ビンはやや小ぶりだが、ラベルのデザインはほぼそのままだ。(撮影:光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒ…

【雑学】侍は〇〇のために、ちょんまげにしていた

(写真:iStock) 時代劇でしかお目にかからなくなった髪型「ちょんまげ」。 「侍独特のヘアスタイル」というだけでなく、実は実用的な意味があったのだという。 なぜ、わざわざ髪を剃って月代(さかやき)にしたのか。なぜ、ちょんまげを作って涼しくしなけ…

【世界のこぼれ話=カンボジア】庶民の足「トゥクトゥク」がカッコカワいい!

カッコカワいい乗り物、トゥクトウク(撮影・光石達哉) 海外、国内へ取材に行くと、その国、土地ならではの特色や意外なヒト・コト・モノに出会う。取材陣が実際に足を運び、体験した海外&国内のプチ情報を紹介する。 旅気分をアゲてくれるトゥクトゥク カ…