【オールスポーツ】ラグビー=W杯準々決勝出場国 ニュージーランドの横顔~15人のプチ情報

f:id:mimiyori_media:20200825141136j:plain

ジュニア時代はアマチュア・レスリングの選手でもあったPR#1ジョー・ムーディー(中央=写真:AFP/アフロ)

ラグビーのワールドカップは19日、準々決勝2試合を行い、世界ランキング1位のニュージーランドが同4位のアイルランドと激突。
優勝候補筆頭のニュージーランドも、個性的な面々がそろっている。

アイルランドとの準々決勝先発出場15人について一挙、今すぐ観戦時に「知ったか」できるプチ情報を紹介。

 

 

1列目:元レスリング選手 / 高祖父が元NZ代表 / スクワット230キロの怪力

PR#1ジョー・ムーディー
ジュニア時代、ラグビーとともにレスリングでも活躍。レスリングのジュニア国際大会で銅メダルを獲得した。現在もかつて所属していたレスリングジムを時々訪れている。
18年10月の来日時に渋谷のスクランブル交差点で記念撮影した。


HO#2コーディー・テイラー
1893年にNZ代表だったWalter Pringleが高祖父。19年1月に結婚したLucy Ryanさんも元女子ラグビー選手で、1男1女をもうけた。ラグビーの系譜は今後も受け継がれそう。

PR#3ネポ・ラウララ
サモア出身の8人兄弟。兄Caseyも元NZ代表というラグビー一家だ。18年3月に前腕を骨折して戦列を離れ、同10月に復帰。ところが翌11月にトレーニングジムで230キロを上げるスクワットに成功し、周囲のラガーマンを仰天させた。

クラシックカー好き / 代表LO史上最多キャップ

LO#4ブロディー・レタリック
クラシックカーでのドライブが趣味。おじのJohn Ashworthも元NZ代表PRだ。
19年W杯後に、日本の神戸製鋼に移籍予定。「欧州ラグビーに興味はない。欧州より、レベルが著しく上がっている日本」と話している。

LO#5サム・ホワイトロック
202センチの大型LO。NZ代表LOとして史上最多キャップを誇る。祖父のネルソン・ダルゼル、大おじのアラン・エルソム、兄弟のジョージ、ルークも元NZ代表という華麗なるラグビー一家。
19年W杯後に日本のパラソニックに加入する予定。

ファッションが好き過ぎてブランド設立 / 大豪邸建設中 / 主将で世界記録

FL #6アーディー・サヴェア
本職がNo.8だが、ハンセンHCは今大会について6番FLに転向させた。17年にはスーパーラグビーの年間最多トライを記録。ファッションが好きすぎて、17年に自身のファッションブランド「Ardie Savea Clothing」を立ち上げた。

FL#7サム・ケイン
現在、地元に大豪邸を建築中。18年10月南ア戦で頸椎を骨折して戦線離脱。一時は引退の不安に立たされたが、19年5月に復帰。無事に豪邸プランを実行した。

No.8キアラン・リード主将
世界を代表するNo.8。13年に国際ラグビーボード(現ワールドラグビー)が制定する年間最優秀選手。07年にスーパーラグビーデビューするまでは、クリケットでも年代別代表選手だった。
12年にNZ代表主将に就任。主将として12年から16年まで代表19連勝の世界記録を樹立した。
19年W杯後に代表引退し、日本のトヨタ自動車に加入予定。

 

日本代表とライバル / 日本企業と御縁

SH#9アーロン・スミス
母国メディアで「NZ最強No.9」と評される。15年W杯では全7試合中6試合に先発して連覇に貢献した。日本代表の田中史朗とハイランダーズでレギュラーを争ったライバルとして知られる。その田中に同僚時代は日本語を教わった。

SO#10リッチー・モウンガ
アシックスNZの契約選手。本来のSOは代表不動の司令塔ボーデン・バレットで、本大会は先発出場でチャンス到来。

BK:理系男子 / アンサンヒーロー / 独自のヘアスタイル / フィジー出身 / 若手の超巨星

WTB#11ジョージ・ブリッジ
大学で応用化学を専攻した理系男子。「携帯なしでは生きられない」というスマホ愛好者でもある。
一方、苦手なものは「ルームメートのいびき」。

CTB#12アントン・レイナートブラウン
は19年8月の豪州戦ではフォア・ザ・チームのプレーを貫き、代表スタッフやメディアから「アンサンヒーロー」と評価された。父親はサモア出身。

WTB#13ジャック・グッドヒュー
実家は農家で、大学では農学専攻の農業男子。
双子の兄(弟)Joshもラグビー選手。普段は頭の両側と上は短く、うしろは長くするヘアスタイル「マラット」が自慢。NZ首相にも髪型を褒められたとSNSに記している。

WTB#14セヴ・リース
フィジー出身。16歳の時に単身NZ移住し、19年5月にスーパーラグビーデビューを果たした。

FB#15ジョーディー・バレット
バレット3兄弟の3番目。ハンセンHCは「彼は並外れた才能を持った若手選手だ。オールブラックスの中であらゆることを吸収し、すべてのチャンスをつかみ取っている」と大きな期待を寄せている。
将来的には兄と同じクラブでプレーすることを望んでいるとされる。趣味は狩猟とゴルフ。

(mimiyori 編集部)