【サッカー】クラブワールドカップ 日本人選手も所属の「オークランドシティ」~マスコットにこめられたサポーター秘話

キウイ 鳥 ニュージーランド オークランドシティ

ニュージーランドの国鳥「キウイ」。オークランドシティFCとは深い絆がある(写真:Eric Isselée/Adobe Stock)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていたサッカーのFIFAクラブワールドカップ2020(CWC)が2月1日深夜(日本時間)、カタールで開幕する。

チーム紹介第1回は、開幕戦に登場予定のオセアニア王者・オークランドシティ(ニュージーランド)について紹介(※21年1月15日、コロナ禍の影響で出場自体を発表)

兼業選手が多い?決してあきらめない日本人選手とは?

チームマスコットにはサポーターとの熱い絆があった。

兼業アスリート活躍のセミプロ集団

オークランドシティはニュージーランド・フットボールチャンピオンシップの1部リーグ所属。ユニホームカラーから「ネイビーブルー」の愛称で親しまれている。創設1年目の2004~05年シーズンにいきなりリーグ初優勝を果たした衝撃のチームだ。

 

今回のCWCは17年以来3大会ぶり10度目の出場で、14年大会では3位に躍進したクラブだが、完全なプロチームではない。ほかの職業に就きながらプレーしている選手も存在している。

 

3位に輝いた14年の黄金時代にも司法試験に合格したての選手、海外を旅しながらモデルで生計を立てる理系学生、自動車部品販売やトラック運転手、キッチン用品営業マンらが在籍していたというから驚きだ。

 

クラブ本拠地のキウイティー・ストリート・スタジアムは収容人数3250人と非常に小規模。天然芝の緑が鮮やかなグラウンドだが、スタンドが低く設置されているためサポーターは間近に選手を感じることができる。 

 

 

監督はNZきっての名将

ホセ・マニュエル・フィゲイラ監督は英国生まれだが、長年ニュージーランド(NZ)各地で次世代選手育成に取り組んできた。 

www.aucklandcityfc.com

18歳から指導者を志し、NZでは04年から若手の才能発掘部門を担当。オークランドシティのユース監督や、ニュージーランドのナショナルアカデミーの指導者、U17の監督を務めたこともある。

16年8月にチーム・ウェリントンの監督に就任し、18年にはCWCに導くなど国内きっての名将だ。今回は、19年7月から就任したオークランドシティを率い、個人としては2大会ぶりのCWCの舞台に立つ。

 

失明の危機から復帰:松本光平

日本人選手も所属している。DF松本光平だ。

ジュニア、ユース時代はセレッソ大阪に所属し、高校卒業とともに名門チェルシーの下部組織へ。14年にはオークランドシティのOFCプレジデンツカップ優勝に貢献、19年はヤンゲン・スポールでCWCに出場するなど活躍していた。

 

しかし20年5月中旬、アクシデントに襲われた。自宅でチューブトレーニング中に、壁に取り付けた留め具が外れて右目を直撃。失明の危機に立たされ、日本に帰国して手術を受けたという。

 

現役続行、そして日常生活を送ることも難しくなった状況下で、クラウドファンディングで活路を開いた。20年6月から募集を開始し(同年8月募集終了)、なんと500万円以上の支援を集め、地道にリハビリを続けた。

 

camp-fire.jp

現在はリハビリのかいあって、アイガードを着けながら練習を行えるまでに回復した。今回のCWCに向け、復活の準備はできている。 

 

マスコットは亡くなった熱烈サポーターの愛称

チームのマスコットはNZらしく、果物ではなく国鳥の「キウイ」だ。

「Cam the Kiwi(カム・ザ・キウイ)」は、05年6月のOFCチャンピオンズリーグ出場時に初登場した。

 

 

その名称は、ある人物の通称「Big Cam」に由来する。

サポーターズクラブの創設者の1人、キャメロン・ジョーンズ氏だ。30代半ばでがんに倒れ、海外遠征の応援に駆けつけることができなくなってしまったが、クラブ側は熱烈な応援への感謝として、マスコットにニックネームを冠したという。

 

ジョーンズ氏の夢は、チームが世界の舞台でプレーすることだった。

06年、オークランドシティはCWCに初出場した。同氏はテレビでその様子を見届けたが、同年12月30日に他界した。

 

「Cam the Kiwi」は海外遠征の際には常にチームに同行。初代は13年CWCで”引退”したが、現在は2代目がCam氏に代わってチームを見守っている。

 (mimiyori 編集部)

 

mimi-yori.com

mimi-yori.com