【連載「生きる理由」21】柔道金メダリスト・内柴正人氏 現役時代の支え 後編~心のふるさとについて

f:id:mimiyori_media:20210612163009j:plain

心のふるさとである熊本・阿蘇を訪れた内柴正人氏(写真:本人提供)

2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術と柔道の練習をしながら働く、いち社会人となった。

これまで、彼はどんな日々を過ごしてきたのか。内柴氏本人がつづる心象風景のコラム連載、今回は「現役時代の支え」後編。前編では、初出場した2004年アテネ五輪ではジャマイカの国旗を探すほど、大好きな音楽であるレゲエについて語った。後編では、「心のふるさと」について。

 

 

音楽はレゲエ

レゲエ。中学の同級生に教えてもらった音楽です。言葉が分からないから日本のレゲエしか聞いてこなかったけれど、「横浜レゲエ祭」とか、たくさんのDVDを見てきました。曲の歌詞が、地元の仲間を思って今を頑張れ的な曲が多かったり、励まされたりする曲が多いのは確か。NANJAMANの「ツレ」って曲もそう。湘南乃風の応援歌もそう。

 

東京での長い生活で夢だけを追いかけて、社交性なんて一つも持たずに柔道だけを必要として生きていて、何が一番楽しいかというと、年に2回熊本に帰ることが何よりの楽しみでした。東京では、トレーニングか練習か無駄な努力しかしていないのに、帰省すると遊ぶ遊ぶ。

当時の地元・合志町の実家に一瞬帰り、すぐに阿蘇に向かう。実家でご飯も食べないまま阿蘇に行き、行ったら休みが終わるまで阿蘇にいるもんだから、父が怒る怒る。

 

 

中学時代を過ごした阿蘇は心のふるさと

f:id:mimiyori_media:20210612163126j:plain

熊本・阿蘇の雄大な景色(撮影:丸井 乙生)

これには理由があって、友達が阿蘇にしかいなかったこと。プラス、熊本で練習できる所がその地域の中学の柔道部しかなかったのです。

夏休み、冬休み。練習もできて、友達もいる。朝から柔道場へ行き、後輩に教えることなく自分の練習だけをして、昼飯を後輩と食べて。そこから地元の風呂屋に行って汗を流し、友達と夜中まで遊ぶ。時に朝方まで。そして、翌朝には柔道場。そんな10日間を年2回、高校、大学、引退するくらいまで続けていました。

 

阿蘇で遊びまくるといっても、山に囲まれていて大きな繁華街があるわけではない地域なので、そこでは大した遊びをしていなくても、10日間みっちり朝練と友達との遊びと堪能したら、つまらない東京の生活に戻る。

東京では結婚もしたし、子どもにも恵まれました。東京は東京で、家族がいて柔道があって、いい暮らしをしていたのは確か。ただ、僕が心から満足できる場所は阿蘇だった、ということです。そんな東京で聞いていた音楽はレゲエ。それが楽しみでした。

 

「おかえりなさい」と声をかけてくれた定食屋さん

f:id:mimiyori_media:20210612162229j:plain

2017年秋、行きつけだった東京・仙川の定食屋さんで10年ぶりに訪問。お店のかたに声をかけられた

(撮影:丸井 乙生)

今となれば、東京は今でも帰りたい地域ではあります。三鷹と調布が好きですね。

いろいろあって、東京で以前住んでいた地域を巡っていた時に、独身時代に住んでいた仙川駅近くの定食屋さんに入って注文しようとしたら、店員のお姉さんから声を掛けられたんです。「おかえりなさい」って。

もう10年くらい行っていなくて、帰ってきた時には世間からとても嫌われる人間にもなっていたのに、懐かしんでくれました。

10年前の僕なんて減量もキツかったから外食がなかなかできなくて、たまにしか行ってなかったのに。覚えていてくれたんです。

 

土曜の午後のハンバーグ定食。 

僕の中の「いろんな満足」な話でした。

 

 (内柴正人=この項おわり) 

 ………………………………………………

うちしば・まさと

1978年6月17日、熊本県合志市出身。小3から柔道を始め、熊本・一宮中3年時に60キロ級で全国中学大会優勝。高3でインターハイ優勝。大学2年時の99年、嘉納治五郎杯東京国際大会では準決勝で野村忠宏を破って優勝。減量にも苦しんだことから03年に階級を66キロ級へ上げて2004年アテネ五輪は5試合すべて一本勝ちで金メダル獲得。08年北京は連覇した。10年秋引退表明。11年に教え子に乱暴したとして罪に問われ、上告するも棄却。17年9月出所。得意技は巴投げ。160センチ。18年に現在の夫人と再婚し、1男がいる。20年1月から現在の職場に勤務。

 

 

mimi-yori.com

 

 

mimi-yori.com