【ラグビー】オータム・ネーションズカップ~スコットランドVSフランス出陣情報 観戦前に知っておきたい5つのこと

ラグビー ロイター/アフロ

20年3月6nationsのスコットランドーイタリア戦で、フランスのPRアウア(右)がスコットランドのFLリッチーを顔面殴打(写真:ロイター/アフロ)

ラグビー欧州6カ国対抗戦「6nations」の参加6カ国にフィジー、ジョージアが加わった8カ国対抗戦「オータム・ネーションズカップ」。第2節スコットランドーフランス戦は、11月22日(現地時間)に行われる。

 

20年3月6nationsで両国が対戦した際、FLジェイミー・リッチー(フランス)が相手PRモハメド・アウア(スコットランド)に顔面を殴打される場面があり、因縁の対決と化している。

今回は、この2カ国について観戦前に知っておきたい5つのことをご紹介。

 

 

スコットランド:因縁の対決再び FLリッチーVSパンチ男

出場が危ぶまれていたFLジェイミー・リッチーが、先発メンバーに名を連ねた。

リッチーにとってフランスは因縁の相手。20年3月の6nationsフランス戦では同代表のPRモハメド・アウアに顔面を殴打されるアクシデントに見舞われていた。

www.heraldscotland.com

 

地元メディア「ヘラルド・スコットランド」によると、前節イタリア戦で頭部を強打したもようで、出場が危ぶまれたが、きょう22日のフランス戦には無事、先発メンバーとして発表された。

 

 

フランス:パンチ男 PRアウアは控えで出場 

お騒がせなパンチ男、PRモハメド・アウアは因縁のスコットランド戦で控え選手として発表された。

20年3月の6nationsで対戦した際にスコットランドのFLジェイミー・リッチーの顔面を殴ってしまい、レッドカードによる一発退場と数カ月の出場停止処分を課せられていた。

地元メディア「20ミニッツ」によると、リッチーを殴打してしまった後の規律委員会で「ひどい過ちでした。もう2度とブルーの代表ジャージーが着られないかもしれないと考えると恐ろしくて仕方ない」と猛省していたという。

 

少年時代から素行が悪く、若き日を過ごしたモンペリエのトレーニングセンターでは当時の教育係に「人生を生きるには、出会った人から信頼を得なければならない」と諭され続けた。

あまりある才能を惜しまれており、ガルティエ代表ヘッドコーチ(HC)は(本人の猛省を受けて、再びかけてみようと決意したという。

 

フランス:期待の星が負傷欠場 代表初出場21歳起用

中心選手のSOロマン・ヌタマックがスコットランド戦を欠場する。同ラグビー協会が発表した。

詳細は明らかにされていないが、フランスメディア「レ・キップ」紙によると、太腿の痛みを訴えたとみられる。

代役として、SOの先発はマチュー・ジャリベルが入り、控えには代表経験のないルイ・カルボネルが入った。

 

フランス:新星カルボネルに熱視線

カルボネルは代表未出場だが、U20代表として18、19年のU20世界選手権で2度世界一に輝いた経歴を誇る。

ヌタマックと同じ21歳で、今夏にトゥーロンとの契約を2年延長した期待の若手だけに、代表でどこまで通用するのか熱視線が注がれている。 

 

スコットランド:前節イタリア戦でHCが「喝」!
主将ホッグが舞台裏明かす

 主将スチュアート・ホッグが、前節イタリア戦の舞台裏について明かした。

前節は28-17で勝利したが、格下のイタリア相手に前半までは11-7の僅差だった。

メディア「スカイスポーツ」によると、この事態に、グレガー・タウンゼンドHCが激怒。ハーフタイムのロッカールームで「君たちは真剣にやっていない。気がまったく入っていない!」と選手たちに向かって言い放ったという。

 

突然の喝に選手一同ショックを受け、主将のホグは「HCにそんなことを言わせてしまったことを申し訳なく思った」と奮起。同HCが退室した後は、「自分たちのプレーについて誰にも批判されないよう、後半は全力でやろう」と一致団結したとか。

 (mimiyori編集部)

  

 

mimi-yori.com

 

※スコットランドーフランス戦のもようは、WOWOWで11月22日(日)深夜0時~放送予定。

ラグビー|スポーツ|WOWOW