【パラQ&A】外国人トップ選手の技~車いすテニス②

車いすテニス,テニス,パラリンピック,パラ,四大大会,グランドスラム,東京パラ,金メダル

(写真:photoAC/KAZU)※写真はイメージ


東京パラリンピックは1年延期されたが、21年8月24日に開幕することが決まった。オリンピック競技は知っているけれど、パラリンピック競技はよく分からない……という人も多いかもしれない。この連載「パラQ&A」は各競技について、見どころをクイズ形式で紹介する。今回は車いすテニスの外国人トップ選手に関するクイズを出題。

 
 

Q.フランスのステファン・ウーデ選手が使用する車いすの特徴は?

    1. ①車輪が大きく、1回ごとの移動距離が長い
    2. ②膝立ちのようにして乗る
    3. ③ボールを感知するセンサーが付いている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

②膝立ちのようにして乗る

車いすはカーボン製で、座面は小さく、切断した左膝をソケットにはめ込んで乗る。他の選手よりも視点が高い状態でプレーできる。パラリンピックでは08年北京、16年リオでダブルス金。国枝慎吾選手とは長年のライバル。

 

Q.両腕を動かすことができない米国のニック・テイラー選手。サーブのトスはどうする?

  1. ①口にくわえてボールを落とす
  2. ②足で蹴ってトスを上げる
  3. ③頭でヘディング
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

②足で蹴ってトスを上げる

左つま先と右かかとにボールを挟み、左足を振り上げてトスする。世界でも珍しい“足トス”からサーブを放つ。パラリンピックでは、04年アテネ、08年北京、12年ロンドンのダブルスで3大会連続金。

 

Q.ニック・テイラー選手が使用している、世界でも数少ないあるものとは?

  1. ①電動車いす
  2. ②グリップが利く特性タイヤ
  3. ③ラケットの大きさが健常の1.1倍








 
 

①電動車いす

障がいが重いクアードクラスでは、電動車いす使用が認められている。右手で車いすを動かすレバーを逆手で操作。両腕が動かないため、ラケットを振る高さを変えることができないこと、加えてバックハンドができない。そのため、相手が打ち込む球の落下ポイントを先読みして車いすで回り込む。

 

Q. アフリカ選手初のグランドスラム覇者 シソレ選手の特徴は?

  1. ①左手だけでプレー
  2. ②両手のバックハンド
  3. ③足を使ったトス




 
 
 
 




①左手だけでプレー

12歳の時に列車事故で両脚と右腕を失ったため、左腕だけでプレー。サーブは左手でトスを上げて打つ。先天性の障がいではないため筋力があり、体幹機能や握力を使ったパワーテニスが可能。南アフリカ出身で、13年全米OPシングルスでアフリカ選手初のグランドスラム制覇。(mimiyori編集部)