エンタメ情報

【行ったつもりシリーズ】東京23区の紅葉スポット サイクリングで何カ所回れるか?前半編 穴場スポット発見

砧公園からスタート。園内では、イチョウなど様々な紅葉が見られる(撮影:光石達哉) 12月になってもまだまだ全国各地で紅葉が真っ盛りなところが多いが、今回は東京23区内の紅葉スポットを巡る旅。「3密」を回避しやすいサイクリングで、1日で何カ所回れる…

【ビジネス】神田明神にハーレー登場=ハーレーダビッドソンが電動スポーツバイク「Live Wire」予約販売開始

神田明神に次世代バイク。まさに異空間の発表会見だった (写真:ハーレーダビッドソンジャパン公式より) ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社は12月3日、東京・神田明神にて同社初の電動スポーツバイク「Live Wire(ライブワイヤー)」日本モデルの発売…

【ビジネス】「紅虎餃子房」=人気漫画「刃牙」とコラボ チキンカツと担々麵を一気食いッッ!

「紅虎餃子房」と「バキ」がコラボ! 期間限定コラボメニュー「大判チキンカツ乗せ“漢”担々麺」を見逃すなッッ (写真:際コーポーレーション株式会社提供) 世界進出したバキが、グルメ界にも進出している。 人気漫画「グラップラー刃牙(バキ)」は、「週…

【ビジネス】紅虎の「際コーポレーション」が今年の鍋トレンドにヨーグルト鍋!免疫力アップに~鍋専門店「ゆるり屋」

免疫力を高める“発酵”を取り入れた「ヨーグルト鍋」 (写真=ゆるり屋提供) 寒さが身に染みるようになり、マスクが寒さしのぎに一役買っているかもと思う今日この頃。 例年通りでも風邪をひきやすい時期だが、今年はコロナにも気を付けなければならない。 …

【雑学】自然観察指導員の徒然草=バラは見ても使っても癒しになる~後編 大統領と美智子上皇后陛下も

英国ロンドン北部にあるリージェンツ・パークのバラ園。駐在員時代は筆者の癒しの場だった。2007年7月5日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の写真コラム。 つれづれなるままに、今回は「バ…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=バラは見ても使っても癒しになる~中編 聖火と伊豆の踊子

東京・神代植物公園のばら園。色とりどりのバラが美しく咲き誇る。2011年6月10日(撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の写真コラム。 つれづれなるままに、今回は「バラ(薔薇)」の中編。 世…

【母校トリビア】あと一歩まで迫った はるかなる甲子園~青森県立青森高校② 硬式野球部編

2019年の青森ねぶた祭り。歳を重ねると母校を訪ねることはないが、ねぶたはほぼ毎年コンプリートの卒業生もいるだろう(撮影:丸井 乙生) 卒業生が母校のユニークな側面を語るコラム5校目は、本州最北端の青森県そのままの名前、県立青森高校について。 202…

【行ったつもりシリーズ】「八王子いちょう祭り」モバイルスタンプラリーに自転車で挑戦! 高尾山登山も(後編)

21個目のスタンプゲットのため、自転車を降りて高尾山登山に挑戦! 登山口であるケーブルカー・リフトの清滝駅周辺は、ちょうど日差しの加減もよく紅葉がキラキラ! これだけでも見に行く価値あり(撮影:光石達哉) 全国各地で紅葉が見ごろになってきて、東…

【ビジネス】星野リゾート=年末年始の日本に最も必要な「開運&厄払い」の旅 青森&伊東編

宿泊業界のトップランナー・星野リゾートがまた、新機軸を打ち出している。 来たる年末年始に向け、全国各地の宿泊施設で展開するプランは「開運」「厄払い」。 新型コロナウイルス感染拡大がやまない今、まさに内心みんなが最も必要としている要素を詰め込…

【行ったつもりシリーズ】「八王子いちょう祭り」モバイルスタンプラリーに自転車で挑戦!(前編)

八王子のイチョウ並木周辺に点在する24個のモバイルスタンプをサイクリングで集める!(撮影:光石達哉) 全国各地で紅葉が見ごろになってきて、東京・八王子の約4キロ続くイチョウ並木も良い感じに色づいてきた。イチョウ並木では、感染対策の一環としてス…

【ビジネス】星野リゾート=年末年始の日本に最も必要な「開運&厄払い」の旅 京都&日光編

「星のや京都」では清水寺で書き初めをするアクティビティを用意。何かいいことがありそうな気になってくる(写真:星野リゾート提供) 宿泊業界のトップランナー・星野リゾートがまた、新機軸を打ち出している。 来たる年末年始に向け、全国各地の宿泊施設…

【母校トリビア】太宰治とウルトラマンの怪獣を生んだ~青森県立青森高校 校歌&OB編

青森県立青森高校。白い校舎は校歌でも「白亜の校舎」と言われる(撮影:丸井 乙生) 卒業生が母校のユニークな側面を語るコラム第5回は、本州最北端の青森県そのままの名前、県立青森高校について。 2020年で120周年を迎える旧制中学ナンバースクールで、地…

【ガチで調べたトリビア】湯船の「船」って何? 後編~ひょっとしてもしかしてダジャレだった?

昔の船図鑑「船鑑(かがみ)」(1872年)には、まさに湯の船「湯船」が(出典:国会図書館デジタルコレクション) シャワー派か、湯船派か。 これは、長年決着のつかない論争であり、家族内でも意見が分かれるところだろう。 シャワーは時短にもなるし、のん…

【ガチで調べたトリビア】湯船の「船」って何? 前編~古代は高貴な人々が浸かっていた

毎日目にする湯船。その歴史とは?(ブーコ/photoAC)※写真はイメージ シャワー派か、湯船派か。 これは、長年決着のつかない論争であり、家族内でも意見が分かれるところだろう。 シャワーは時短にもなるし、のんびり湯船に使っている暇はない。毎日お湯を…

【ガチで調べたトリビア】桃太郎誕生秘話 後編~岡山、愛知、そしてロマンあふれる青森の桃太郎とは

愛知県の桃太郎神社。発祥の地を主張するかのように、鳥居前で桃太郎が仁王立ち(写真:HiC/photoAC) ちょっとした雑学をさらに深掘りし、「これで卒業論文でも書くのだろうか」というあたりまで掘り下げるシリーズ「ガチで調べたトリビア」コラム。 前編で…

【ガチで調べたトリビア】桃太郎誕生秘話 中編~おじいさんとおばあさんが若返って「太郎くん」が生まれた

おばあさんが桃を食べて若返り、桃太郎を出産する衝撃シーン (桃太郎一代記5巻 北尾政美 画 天明1=1781年)出典:国会図書館デジタルアーカイブ ちょっとした雑学をさらに深掘りし、「これで卒業論文でも書くのだろうか」というあたりまで掘り下げるシリー…

【行ったつもりシリーズ】ついに東京都の東側へ進出~「県境を越えない旅」東西南北制覇へ 江戸川沿いを走る

東京と千葉の県境、旧江戸川の河口にある葛西臨海公園。対岸に見えるのは、東京ディズニーランドホテルで、シンデレラ城の先端も小さく見える。左に見える橋は、JR京葉線と舞浜大橋 (撮影:光石達哉) 都道府県間の移動が制限されていた期間に始めた東京と…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=バラは見ても使っても癒しになる~前編

英国ロンドン北部にあるリージェンツ・パークのバラ園。駐在員時代は筆者の癒しの場だった。2007年7月5日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の写真コラム。 つれづれなるままに、今回は「バ…

【ビジネス】日本初!「テレワークゴンドラ」が、いよいよ11月10日から利用開始!

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」にたたずむ「テレワークゴンドラ」 (写真:星野リゾート提供) ゴンドラが地上に降りてきた。 あす11月10日から「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」(山梨県北杜市)で、「テレワークゴンドラ」のサービスの提供が始まる。…

【母校トリビア】戦場から甲子園で活躍する「赤鬼魂」~彦根城の敷地内に立つ彦根東高校(滋賀)

国宝・彦根城。内堀と外堀の間に彦根東高校がある(写真:さてらいと/photoAC) 国宝に指定されている彦根城(滋賀県彦根市)。その外堀の内側、いわば城の敷地内に高校が存在する。県下トップクラスの進学校・彦根東高校だ。 江戸時代の藩校「稽古館」を由…

【行ったつもりシリーズ】東京と神奈川の間を流れる境川を逆走!

境川の東京部分の南端。今回はこの「境川ゆっくりロード」をさかのぼっていく(撮影:光石達哉) 都道府県間の移動が制限されていた期間に始めた東京とその周りの県の県境を自転車で巡る旅。今や「Go To トラベル」キャンペーンで国内旅行も盛り上がっている…

【ビジネス】星野リゾートが贈る ご当地クリスマスとは?

「ラーメンクリスマス2020」イメージ(写真:星野リゾート提供) コロナ禍でイベントの自粛が余儀なくされた2020年。花見や夏祭りといった季節を感じる行事を楽しめず、寂しい思いをしている人も多いことだろう。 国内外に幅広く展開している星野リゾートは1…

【ビジネス】星野リゾートがJAL機内食にも参戦/各リゾートのクリスマス特集も

ワイン樽の光やランタンが灯るガーデンチャペル「ZONA」 リゾナーレ八ヶ岳にて、クリスマス限定で一般公開される (写真:星野リゾート提供) 自粛、自粛と促されたこの半年を経て、感染対策が万全に施されたリゾートで、少しくらいゆったりしたくなるこの頃…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=格式高いキクの花 身近な存在にも目を向けよう~後編

東京・国立科学博物館附属自然教育園に咲いていたシロヨメナの花。2017年11月26日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の写真コラム。つれづれなるままに、今回は身近で見られる「キク(菊)…

【ガチで調べたトリビア】桃太郎誕生秘話 前編~家来も誕生も違う?

[お伽噺] 桃太郎鬼ヶ島でん-宮田伊助-1881年-桃太郎誕生 (国立国会図書館デジタルコレクション) ちょっとした雑学をさらに深掘りし、「これで卒業論文でも書くのだろうか」というあたりまで掘り下げるシリーズ「ガチで調べたトリビア」コラム。 今回は、「…

星野リゾートが21年中国初進出!~コロナ不況の観光業界に光

国内外に45施設を運営する星野リゾートは13日、初のオンラインイベント「星野リゾートLIVE2020」を開催した。2021年春に中国・浙江(せっこう)省の観光地、天台山に高級新施設「星野リゾート 嘉助天台(かすけてんだい)」を開業することを発表した。 同社…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=格式高いキクの花 身近な存在にも目を向けよう~前編

東京・野川公園のコンギクの花。鑑賞用の栽培品種で8~11月に開花する。2014年11月08日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の自然コラム。つれづれなるままに、今回は身近で見られる「キク(…

【行ったつもりシリーズ】秋を彩る東京のコスモス畑をロードバイクで巡る!

秋の野を彩る薄紅のコスモス。香りにつられて、蜂も寄ってくる(撮影:光石達哉) 秋も徐々に深まってきて、風も涼しくサイクリングも快適な季節になってきた。というわけで10月初旬のある日、秋を彩るコスモスの咲く東京西部のスポットをロードバイクで巡る…

【行ったつもりシリーズ】東京本土最南端で引っ越したスヌーピーと会う

昨年末、六本木から南町田に引っ越してきたスヌーピーミュージアム。敷地内では大きなフィギュアが出迎えてくれる(撮影:光石達哉) 都道府県県境をまたぐ移動も徐々に増えてきているが、秋になって自転車で走りやすい季節にもなったので、これまで走ってき…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=これで風流人の仲間入り! 秋の七草を覚えよう

箱根仙石原のススキの群生。2006年10月16日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の自然コラム。つれづれなるままに、今回は「秋の七草」を紹介。「春の七草」は1月7日に七草粥を食べることで…

【母校トリビア】北の雄 ”頭脳で遊ぶ”奇人変人たち~札幌南高校(北海道)

札幌南高校の「六華の門」=写真:mataro / PIXTA(ピクスタ) 卒業生が母校のユニークな側面を語るコラム第4回は、通称「札南」こと北海道立札幌南高校について。 北海道きっての進学校だというのに、卒業式は仮装コスプレでバズりまくり⁉ 卒業生は何年経って…

【母校トリビア】唯一無二の授業 “道”を究める~慶應義塾湘南藤沢中高等部(神奈川)

湘南藤沢中高等部は、大学のキャンパスと隣接している=写真:二匹の魚 / PIXTA(ピクスタ) 卒業生が母校のユニークな側面を語るコラム第3回は、通称「SFC」こと、慶應義塾湘南藤沢中高等部について。 慶應といえばオシャレで都会的で、賢く…というイメージが…

【行ったつもりシリーズ】埼玉へとつながる小沢峠へ~東京の片隅の温泉街と天然酵母パンも

小沢峠は、一般道で越えられる東京と埼玉の県境では一番西に位置する(撮影:光石達哉) 東京もGo Toトラベルキャンペーンの対象となるなど、県境を越えた移動も徐々にしやすくなってきている。 しかし、せっかくこれまでサイクリングで東京と他県の境界を見…

【母校トリビア】公立校トップレベルの進学校は「秩序のあるカオス」~都立西高校②(東京)

卒業生が母校のユニークな側面を語るコラム。 第2回は、都立西高校(東京・杉並区)を20代OGが紹介する。公立校トップレベルの進学校であり、個性派勢ぞろいである点も特徴的だ。この後編では、西高のさらなる素顔が明らかに。校歌よりもおなじみの歌がある…

【母校トリビア】公立校トップレベルの進学校は「秩序のあるカオス」~都立西高校①(東京)

卒業生が母校のユニークな側面を語るコラム。 第2回は、都立西高校(東京・杉並区)を20代OGが紹介する。公立校トップレベルの進学校であり、個性派勢ぞろいである点も特徴的だ。西高前編では、「居場所は必ずどこかにある」という多様性に満ちた校風につい…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=不吉どころかめでたい花!ヒガンバナは紅白あるって知っていましたか?

東京・野川公園に群生するヒガンバナ。真っ赤な大群が目に鮮やか。2009年9月24日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の自然コラム。つれづれなるままに、今回は日本の秋の花として親しまれて…

【行ったつもりシリーズ】県境を求めて奥多摩湖の先へ~東京の東西南北県境の旅

奥多摩湖は、山々に囲まれた静かなダム湖(撮影:光石達哉) 感染予防のため不要不急の移動を控え、まだまだ自由に旅行するのは難しい日々が続いている。そんな中、サイクリングで訪れたちょっとマイナーだけど個人的なお気に入りスポットを紹介して、今後の…

【行ったつもりシリーズ】平和の大鳥居からよみうりランドまで 東京と神奈川の境を探検

スタート地点は羽田空港そばの平和の大鳥居。東京モノレール・京急の天空橋駅からも近い(撮影:光石達哉) 感染予防のため不要不急の移動を控え、まだまだ自由に旅行するのは難しい日々が続いている。そんな中、サイクリングで訪れたちょっとマイナーだけど…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=動物の名前の付いた植物シリーズ~爬虫類等編

東京・浜離宮恩賜公園に咲いていたヘビイチゴの花。名前とは裏腹に淡い黄色の花は可憐。2018年4月11日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の自然コラム。つれづれなるままに、今回は「動物…

【母校トリビア】ある高校に伝わり続けた「空耳」~30年以上も間違われていた坂の名とは?(後編)

志村高校閉校後に開校した特別支援学校の志村学園(写真:ストライク・ゾーン) 強い日差しを浴びながら歩いていると、ふと若き日の夏を思い出すことはないだろうか。例えば、小学生の時にセミ取りに行った時のこと、高校時代に歩いた通学路……。ある都立高校…

【行ったつもりシリーズ】甲武トンネルとじゃがいもジェラート

今回の東京のギリギリ端っこは、山梨県との境の甲武トンネル(撮影:光石達哉) 全国的に感染者が増え、東京から他県への不要不急の移動自粛が求められるなど、まだまだ自由に旅行するのは難しい日々が続いている。そんな中、過去にサイクリングで訪れたちょ…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=ユリは本当に美人の代名詞? 鬼もいればスカンクもいる~後編

神奈川・箱根湿生花園に咲いていたササユリの花。2013年7月1日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の自然コラム。つれづれなるままに、今回は英語名の「リリー」でもよく知られる「ユリ(百…

【行ったつもりシリーズ】東京の端っこ激坂で野生の猿とバッタリ

今回の旅は、東京と神奈川を隔てる和田峠への激坂チャレンジ。 以前紹介した大垂水峠からは直線距離で北西に7kmほど(撮影:光石達哉) 全国的に感染者が増え、東京から他県への不要不急の移動自粛が求められるなど、まだまだ自由に旅行するのは難しい日々が…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=ユリは本当に美人の代名詞? 鬼もいればスカンクもいる~前編

東京・井の頭公園に咲いていたヤマユリの花。 結婚式のブーケにも使われるなど人気が高い。2018年7月2日 (撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の自然コラム。つれづれなるままに、今回は英語名…

【ミス日本コンテスト】東日本地区ファイナリスト7名が決定

東日本地区ファイナリストに選ばれた7名(左から飯村さやかさん、林彩佳さん、吉田さくらさん、嶺百花さん、森内麻理衣さん、日達舞さん、加藤早和子さん=写真:黒木 達矢) 日本らしい美しさを持つ女性が社会で活躍することを後押しする日本最高峰の美のコ…

【母校トリビア】ある高校に伝わり続けた「空耳」~30年以上も間違われていた坂の名とは?(中編)

母校の思い出を語る寺田農さん(写真:笠原 良) 強い日差しを浴びながら歩いていると、ふと若き日の夏を思い出すことはないだろうか。例えば、小学生の時にセミ取りに行った時のこと、高校時代に歩いた通学路……。 ある都立高校を卒業した者たちの脳裏に浮か…

【行ったつもりシリーズ】昭和レトロな青梅 名作映画&バカボンからネコの町へ

「2015年ごろの赤塚不二夫記念館。上には久保さんの「第三の男」、山口さんの「お熱いのは苦手(※猫舌だからね)」の看板が並ぶ (撮影:光石達哉) 再び全国的に感染者が増え、東京から他県への不要不急の移動自粛が求められるなど、まだまだ自由に旅行する…

【母校トリビア】ある高校に伝わり続けた「空耳」~30年以上も間違われていた坂の名とは?(前編)

母校の坂道について話す、安齋肇さん(写真:笠原 良) 強い日差しを浴びながら歩いていると、ふと若き日の夏を思い出すことはないだろうか。例えば、小学生の時にセミ取りに行った時のこと、高校時代に歩いた通学路……。ある都立高校を卒業した者たちの脳裏…

【行ったつもりシリーズ】50万本のひまわり畑から「庭先ゃ多摩湖」のダイダラボッチ

「ひまわりガーデン武蔵村山」に2年前に訪れたときの写真。日光をいっぱい浴びて、気持ちよさそうなひまわり 再び全国的に感染者が増え、東京から他県への不要不急の移動自粛が求められるなど、まだまだ自由に旅行するのは難しい日々が続いている。そんな中…

【雑学】自然観察指導員の徒然草=動物の名前の付いた植物シリーズ~鳥類編(続)

東京都調布市の深大寺自然広場(通称かに山)で見つけたスズメノテッポウの花穂。2013年4月13日(撮影:安藤伸良) 企業戦士として働き尽くした会社を定年退職後、一念発起で転身した自然観察指導員の自然コラム。つれづれなるままに、今回は「動物の名前の…