オールスポーツ

【連載「生きる理由」88】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「教え子と約束した話」①内柴氏が教える柔道とは

2022年の夏、内柴氏は教え子の練習先を求めて、そして彼らの活動資金を募るために東京、愛知、大阪、そして九州中を走り回った(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを…

【連載「生きる理由」87】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「教えることで分かった話」②~方針は二つあった方がいい

自作Tシャツを着用する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術と柔道…

【柔道】柔道家・小見川道大による〝全国チェーンの骨太体験塾〟「Enjoy Judo」始動~先駆けの稲刈りイベント

稲刈り終了後、子どもたちと保護者は充実の笑顔。背後には筑波山(撮影:丸井 乙生) 2022年2月に総合格闘技を引退した柔道家の小見川道大(NEO JUDO ACADEMY 小見川道場代表)が9月25日、茨城県常総市で稲刈り体験イベントを行った。 このほど、「生きる力…

【連載「生きる理由」86】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「教えることで分かった話」①~救いの神が現れた

キルギス共和国から来日した元教え子3人の練習最終日、日本一の石段といわれる3333段の階段をみんなで上った。内柴氏の太ももの筋肉がすごい(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設…

【連載「生きる理由」85】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑧~身につけば当たり前な話

キルギス共和国から来日した教え子たちとの思い出を写真に残した(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19…

【オリンピック】エリザベス女王も参加していた!オリ・パラの開会式演出シリーズ「瞬間移動芸」

2012年ロンドン五輪開会式で観客の度肝を抜いたエリザベス女王(写真:iStock) オリンピック・パラリンピック開会式の華やかな演出は見どころの1つ。 東京2020オリンピック・パラリンピックでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響、そして1年延期の影響な…

【連載「生きる理由」84】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑦~まいた種はみんな違う花を咲かせる

キルギス共和国の国旗入り柔道衣をまとう内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国…

【柔道】五輪連覇の内柴正人氏が編み出した動作用語「ボックス」「エッジ」とは?~大阪でチャリティーセミナー開催

柔道の動きを一つ一つ言語化して説明する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、2008年北京五輪柔道66キロ級を連覇した内柴正人氏が8月27日、大阪市のエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でチャリティー柔道セミナーを開催した。 2部制で行わ…

【連載「生きる理由」83】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑥~模倣はオリジナルの原点

きょう27日に大阪でチャリティー柔道セミナーを開催する内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、…

【連載「生きる理由」82】柔道金メダリスト・内柴正人氏~ある人の激励が現実となった夏

指導を求める選手たちが10畳分の練習スペースに集結(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国し…

【全日本プロレス】アンバサダーにビビる大木さん就任~50周年記念9・18日本武道館大会

左から全日本プロレス・十枝取締役、諏訪魔、ビビる大木さん、福田社長(撮影:丸井 乙生) 全日本プロレスは18日、東京・六本木で会見を開き、旗揚げ50周年記念となる9・18日本武道館大会のアンバサダーにタレントのビビる大木さんが就任したことを発表した…

【連載「生きる理由」81】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑤~教えの意味を理解した日

この夏に大集合した弟子入り志願者たちとバーベキュー(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国…

【連載「生きる理由」80】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」④~教え子の出稽古が受け入れられた日

すいかの名産地・熊本。内柴正人氏は教え子の練習に巨大スイカを差し入れ(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就…

【連載「生きる理由」79】柔道金メダリスト・内柴正人氏 第3回セミナー開催に寄せて

8月27日大阪開催のセミナービジュアル(写真:事務局提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術…

【連載「生きる理由」78】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」③~技術は人生を変える

柔道を指導する時は、キルギス共和国総監督時代のゼッケンをつけた柔道衣を着用している(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国…

【連載「生きる理由」77】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」②~気づけば伝えている師匠の教え

休日は、海のないキルギス共和国から来日した教え子たちを海に連れて行き、流木を枕に浮かぶ。奥が内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年…

【連載「生きる理由」76】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」①~意地になった単独トレ

チャリティー柔道セミナー開催時に、一昼夜かけて熊本から愛知、東京へ車で移動していた内柴正人氏。道中では朝日を見た。着用しているTシャツはそのチャリティーTシャツ(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏…

【連載「生きる理由」75】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「集団は難しい話」③〜つらい時に思い出した独りトレーニング

内柴正人氏は6月中旬から、キルギス共和国から職業研修で来日中の教え子たちの面倒をみている(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共…

【連載「生きる理由」74】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「集団は難しい話」②〜熱量の差が難しい

6月19日に東京で開催されたチャリティー柔道セミナーで指導する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に…

【柔道】五輪連覇の内柴正人氏が初のチャリティー柔道セミナー開催~愛知、東京で「小内刈り」

動きを一つ一つ分解して言語化し、詳しく説明する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏が19日、東京・中央区総合スポーツセンターでチャリティー柔道セミナーを開催した。 18年から約1年間キルギ…

【連載「生きる理由」73】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「チャリティー柔道教室の開催を決意した話」~6月18日愛知、19日東京

6月18日(土)まずは愛知県・刈谷市で柔道教室を開く(写真:事務局提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰…

【自転車】サイクリングのトラブル解決は意外と簡単? チェーン交換のいろはをマスター!

専用工具のチェーンツールを使えば、チェーン交換も自分でできる!(撮影:光石 達哉) サイクリングのトラブルといえばパンク。以前、パンク修理のコツをお伝えしたが、 【自転車】「若葉マーク脱出計画」⑫~パンク修理のいろはをマスター!(基本編) - We…

【連載「生きる理由」72】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「集団は難しい話」①~大学時代に柔道部を辞めようとした

テーマが柔道になると、話が止まらない内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国し…

【連載「生きる理由」71】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「意外な特技の話」②

休日は実家に戻ることが多い内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術と…

【連載「生きる理由」70】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「意外な特技の話」①

リラックスする時間は、勤務先以外の風呂に入っている。首と背中の筋肉がすごい(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監…

【連載「生きる理由」69】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「自分のためには頑張れない話」

熊本の一部で栽培されている珍しい「白ナス」を手にする内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、…

【連載「生きる理由」68】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「ショックだった出来事」③

20年秋の格闘技イベント「QUINTET」に向けて柔術の練習に励んでいた内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監…

【連載「生きる理由」67】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「ショックだった出来事」②

2020年1月の結婚式で、地元・熊本へ戻って現在の職場で働くことを列席者に報告(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監…

【ローレウス世界スポーツ賞2022】 受賞者決定!年間最優秀賞にF1世界王者や東京五輪金メダリスト

ローレウス世界スポーツ賞2022の受賞者(写真:ローレウス) 世界40か国以上でスポーツを通じた社会貢献活動に取り組むローレウス(英国)が4月24日(現地時間)、ローレウス世界スポーツ賞2022全13部門の受賞者を発表した。 年間最優秀男子選手部門は、F1で自…

【連載「生きる理由」65】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「柔道がうまくなる・強くなる話」⑤~覚悟の決め方

内柴正人氏(左)と練習パートナーでもある〝学生弟子〟(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰…

【柔道】〝平成の三四郎〟が遺した教え~「強く、優しく 古賀稔彦の言葉」 4月21日発売

4月21日発売の古賀稔彦名言集「強く、優しく 古賀稔彦の言葉」(提供:産業編集センター) 「平成の三四郎」と呼ばれた柔道家・古賀稔彦。代名詞の一本背負いを武器に、オリンピックでは92年バルセロナ大会で71キロ級金メダル、96年アトランタ大会では78キロ…

【連載「生きる理由」64】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「柔道がうまくなる・強くなる話」④~柔道指導のYouTube動画配信開始

最近は週に1回、希望者のために練習会を開いている。人数は徐々に増えてきた。左端が内柴氏。壁のロゴは所属の柔術アカデミー「アラバンカ」から〝のれん分け〟された看板(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人…

【パラアルペンスキー】北京金メダリストの村岡桃佳が大会全4レース制覇! 原点の地で「スキーの喜び」を再認識~ジャパンカップ最終日

今大会の4レースを全制覇した村岡桃佳。最終日はグレーのマスクでコーディネート(撮影:丸井 乙生) パラアルペンスキーのジャパンカップ最終日が7日、長野・野沢温泉スキー場で行われた。回転第2戦は、女子座位で北京金メダリスト・村岡桃佳が制して今大会…

【パラアルペンスキー】世界トップクラスのテクニシャン・鈴木猛史が回転第1戦制す~ジャパンカップ3日目

回転第1戦を制した鈴木猛史(撮影:丸井 乙生) パラアルペンスキーのジャパンカップ3日目が6日、長野・野沢温泉スキー場で行われた。回転第1戦は、男子座位ではこの種目で2014年ソチ大会で金メダルを獲得した鈴木猛史が優勝。海外選手のチェアースキーで大…

【パラアルペンスキー】まるでF1! 北京メダリスト・森井大輝が〝イタリア仕様〟のNEWセッティング~ジャパンカップ2日目

大会2日目、大回転第2戦の2本目で最速タイムをマークした森井(撮影:丸井 乙生) パラアルペンスキーのジャパンカップ2日目が5日、長野・野沢温泉スキー場で行われた。大回転第2戦は、2022年3月北京パラリンピック銅メダリストの森井大輝(トヨタ自動車)が…

【パラアルペンスキー】ジャパンカップで北京メダリストが凱旋レース制覇~男子・森井大輝&女子・村岡桃佳

大回転第1戦の女子座位で優勝した村岡桃佳(中央)。2位は3月の北京パラリンピックでスーパー複合4位の田中佳子(左)、3位は岸本愛加(右=撮影:丸井 乙生) パラアルペンスキーのジャパンカップが4日、長野・野沢温泉スキー場で開幕。22年3月の北京パラリ…

【連載「生きる理由」63】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「柔道がうまくなる・強くなるための話」③~現役時代に自分でつくりだした〝地獄〟とは

柔道の話になると熱くなって身振り手振りが増える内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年…

【連載「生きる理由」62】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「柔道がうまくなる・強くなる話」②~量から質を生み出す

2019年世界選手権の直前合宿で、キルギスの総監督として日本合宿していた当時の内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和…

【連載「生きる理由」61】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「柔道がうまくなる・強くなる話」①~無意識と有意識

〝学生弟子〟に日々、柔道を指導する内柴氏(左)。そして、柔術の練習相手になってもらっている(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス…

【連載「生きる理由」60】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「結婚記念日の話」後編~いつか内柴道場ができたら

熊本県八代市の名物、巨大な柑橘類の「晩白柚(ばんぺいゆ)」。格闘技を引退する柔道時代の先輩のために、熊本から飛行機に手荷物で持ち込んで上京した(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内…

【連載「生きる理由」59】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「結婚記念日の話」前編~指輪はゴムひも製だった

世間に帰ってきてから石垣島で知り合った知人たちが、結婚祝いにボトルを贈ってくれた。20年1月、キルギスから帰国後に手にして感激(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジ…

【連載「生きる理由」58】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「泥だらけの畳」後編~そして道場は出来上がった

手づくり道場にようやく畳を敷いた内柴氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術…

【連載「生きる理由」57】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「泥だらけの畳」中編~手づくり道場が出来るまで

最近、子どもに柔道を指導している内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後…

【連載「生きる理由」56】柔道金メダリスト・内柴正人氏 ~手づくりの道場「泥だらけの畳」前編

〝弟子〟との練習で、階段ダッシュに通う内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国し…

【連載「生きる理由」55】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「節約する話」

熊本・八代市の温浴施設でマネジャーとして勤務する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19…

【連載「生きる理由」54】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「チーム内柴の初陣」後編~仲間と大会に出場できた喜び

ようやく取れるようになった休日は、職場とは異なる温泉に行く。現役時代からさまざまな温泉や温浴施設に入り続けてきた(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めて…

【連載「生きる理由」53】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「チーム内柴の初陣」前編~地元の柔術大会に出場

昨年末「チーム内柴」が九州国際柔術選手権に出場しました。本人、弟子、そして一緒に練習することで柔術を始めたビギナーさん。 新しくできた仲間と共に大会出場を果たしたことは大きな喜びでした。 #MasatoUchishiba

【連載「生きる理由」52】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「手先が器用な話」最終編~父とのつながり

年末に柔術の大会に出場した内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術…

【行ったつもりシリーズ】箱根駅伝のコースを自転車で走ってみた(1~3区)

大手町・読売新聞社前の歩道にはスタートラインを示すプレートが埋め込まれている (撮影:光石達哉) お正月のビッグスポーツイベントのひとつ、箱根駅伝。 2022年も新型コロナウイルスの影響で沿道での応援・観戦は自粛が求められている。 それならばと、…

【行ったつもりシリーズ】箱根駅伝のコースを自転車で走ってみた(5区/4区)

箱根駅伝往路ゴール。到着したのは日が暮れてからであった(撮影:光石達哉) お正月のビッグスポーツイベントのひとつ、箱根駅伝。 2022年の新型コロナウイルスの影響で沿道での応援・観戦は自粛が求められている。 それならば、大会前に往路5区間の107.5km…