スポーツ

【連載「生きる理由」96】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「金メダル後に勝てなくなった話」①

2022年夏、キルギス、熊本の教え子たちと共に。左から2番目のキルギス選手は2022年12月の柔道グランドスラムで再来日した(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務め…

【連載「生きる理由」94】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「趣味を始めたら 仕事について考えた」話

育て上げた金魚(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術と柔道の練習をしながら働…

【連載「生きる理由」93】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「趣味というものを始めた話」

2022年8月、柔道セミナーを大阪で行った内柴氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後…

【連載「生きる理由」92】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「すべて違う技で五輪を勝ち進んだ理由の話」

休日はあえて勤務先とは違う浴場へ行き、風呂について学んでいる(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19…

【連載「生きる理由」91】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「自分の柔道は細かすぎる話」

2017年秋、再出発の道としてトレーニングジム経営も模索していた当時(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任…

【連載「生きる理由」90】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「働きながら柔道を教えて思うこと」

2022年夏、キルギスから来日した元教え子と熊本で出会った学生弟子たち。師匠である内柴正人氏(右端)の脚が一番太い(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めてい…

【連載「生きる理由」89】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「教え子と約束した話」②~習ったことは次世代に還元する

2022年の夏は、全国4都市で柔道セミナーを行った内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋…

【連載「生きる理由」88】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「教え子と約束した話」①内柴氏が教える柔道とは

2022年の夏、内柴氏は教え子の練習先を求めて、そして彼らの活動資金を募るために東京、愛知、大阪、そして九州中を走り回った(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを…

【柔道】柔道家・小見川道大による〝全国チェーンの骨太体験塾〟「Enjoy Judo」始動~先駆けの稲刈りイベント

稲刈り終了後、子どもたちと保護者は充実の笑顔。背後には筑波山(撮影:丸井 乙生) 2022年2月に総合格闘技を引退した柔道家の小見川道大(NEO JUDO ACADEMY 小見川道場代表)が9月25日、茨城県常総市で稲刈り体験イベントを行った。 このほど、「生きる力…

【連載「生きる理由」86】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「教えることで分かった話」①~救いの神が現れた

キルギス共和国から来日した元教え子3人の練習最終日、日本一の石段といわれる3333段の階段をみんなで上った。内柴氏の太ももの筋肉がすごい(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設…

【連載「生きる理由」85】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑧~身につけば当たり前な話

キルギス共和国から来日した教え子たちとの思い出を写真に残した(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19…

【オリンピック】エリザベス女王も参加していた!オリ・パラの開会式演出シリーズ「瞬間移動芸」

2012年ロンドン五輪開会式で観客の度肝を抜いたエリザベス女王(写真:iStock) オリンピック・パラリンピック開会式の華やかな演出は見どころの1つ。 東京2020オリンピック・パラリンピックでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響、そして1年延期の影響な…

【連載「生きる理由」84】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑦~まいた種はみんな違う花を咲かせる

キルギス共和国の国旗入り柔道衣をまとう内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国…

【柔道】五輪連覇の内柴正人氏が編み出した動作用語「ボックス」「エッジ」とは?~大阪でチャリティーセミナー開催

柔道の動きを一つ一つ言語化して説明する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、2008年北京五輪柔道66キロ級を連覇した内柴正人氏が8月27日、大阪市のエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でチャリティー柔道セミナーを開催した。 2部制で行わ…

【連載「生きる理由」83】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑥~模倣はオリジナルの原点

きょう27日に大阪でチャリティー柔道セミナーを開催する内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、…

【連載「生きる理由」82】柔道金メダリスト・内柴正人氏~ある人の激励が現実となった夏

指導を求める選手たちが10畳分の練習スペースに集結(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国し…

【全日本プロレス】アンバサダーにビビる大木さん就任~50周年記念9・18日本武道館大会

左から全日本プロレス・十枝取締役、諏訪魔、ビビる大木さん、福田社長(撮影:丸井 乙生) 全日本プロレスは18日、東京・六本木で会見を開き、旗揚げ50周年記念となる9・18日本武道館大会のアンバサダーにタレントのビビる大木さんが就任したことを発表した…

【連載「生きる理由」81】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」⑤~教えの意味を理解した日

この夏に大集合した弟子入り志願者たちとバーベキュー(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国…

【連載「生きる理由」80】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」④~教え子の出稽古が受け入れられた日

すいかの名産地・熊本。内柴正人氏は教え子の練習に巨大スイカを差し入れ(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就…

【連載「生きる理由」79】柔道金メダリスト・内柴正人氏 第3回セミナー開催に寄せて

8月27日大阪開催のセミナービジュアル(写真:事務局提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術…

【連載「生きる理由」78】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」③~技術は人生を変える

柔道を指導する時は、キルギス共和国総監督時代のゼッケンをつけた柔道衣を着用している(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国…

【連載「生きる理由」77】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」②~気づけば伝えている師匠の教え

休日は、海のないキルギス共和国から来日した教え子たちを海に連れて行き、流木を枕に浮かぶ。奥が内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年…

【連載「生きる理由」76】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「斉藤仁先生から学んだこと」①~意地になった単独トレ

チャリティー柔道セミナー開催時に、一昼夜かけて熊本から愛知、東京へ車で移動していた内柴正人氏。道中では朝日を見た。着用しているTシャツはそのチャリティーTシャツ(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏…

【連載「生きる理由」75】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「集団は難しい話」③〜つらい時に思い出した独りトレーニング

内柴正人氏は6月中旬から、キルギス共和国から職業研修で来日中の教え子たちの面倒をみている(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共…

【連載「生きる理由」74】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「集団は難しい話」②〜熱量の差が難しい

6月19日に東京で開催されたチャリティー柔道セミナーで指導する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に…

【柔道】五輪連覇の内柴正人氏が初のチャリティー柔道セミナー開催~愛知、東京で「小内刈り」

動きを一つ一つ分解して言語化し、詳しく説明する内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏が19日、東京・中央区総合スポーツセンターでチャリティー柔道セミナーを開催した。 18年から約1年間キルギ…

【野球】東北楽天ゴールデンイーグルスの未来型取り組み~日本一のサステナブル・スタジアム「楽天生命パーク宮城」を歩く

球場正面入り口に飾られていた「Rakuten DAY」のお知らせ(撮影:いいの けい) 「Go Green Together」―― 杜の都、宮城県仙台市の楽天生命パーク宮城がサステナブルな取り組みを行っている。その内容を発信する「Rakuten DAY」と題されたイベントが2022年6月…

【連載「生きる理由」73】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「チャリティー柔道教室の開催を決意した話」~6月18日愛知、19日東京

6月18日(土)まずは愛知県・刈谷市で柔道教室を開く(写真:事務局提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰…

【自転車】サイクリングのトラブル解決は意外と簡単? チェーン交換のいろはをマスター!

専用工具のチェーンツールを使えば、チェーン交換も自分でできる!(撮影:光石 達哉) サイクリングのトラブルといえばパンク。以前、パンク修理のコツをお伝えしたが、 【自転車】「若葉マーク脱出計画」⑫~パンク修理のいろはをマスター!(基本編) - We…

【プロレス】ゼロワンの「大谷晋二郎エイド」大会③=古巣・新日本の仲間たちが大谷の得意技でエール/ゼロワン永尾が大先輩から称賛

顔面ウオッシュを繰り出す本間(撮影:いいの けい) プロレスのZERO1(ゼロワン)のリーダーで、4・10両国国技館大会で頸髄損傷を負った大谷晋二郎を支援する大会「押忍PREMIUM ONE TEAM ZERO1! 大谷晋二郎エイド!! 何度でも立ち上がれ!」が2022年6月4日…

【プロレス】ゼロワンの「大谷晋二郎エイド」大会②=負傷した試合の対戦相手・杉浦貴 56日間の苦悩/大谷からの長文メッセージ発表

決意をもって試合に臨んだ杉浦貴(撮影:いいの けい) プロレスのZERO1(ゼロワン)のリーダーで、4・10両国国技館大会で頸髄損傷を負った大谷晋二郎を支援する大会「押忍PREMIUM ONE TEAM ZERO1! 大谷晋二郎エイド!! 何度でも立ち上がれ!」が2022年6月4…

【プロレス】ゼロワンの「大谷晋二郎エイド」大会①=盟友・田中将斗が王座奪還に成功~大谷の「座右の銘」を体現する大熱戦

メーンイベント終了後、参加選手がリングに集結(撮影:いいの けい) プロレスのZERO1(ゼロワン)のリーダーで、4・10両国国技館大会で頸髄損傷を負った大谷晋二郎を支援する大会「押忍PREMIUM ONE TEAM ZERO1! 大谷晋二郎エイド!! 何度でも立ち上がれ!…

【連載「生きる理由」72】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「集団は難しい話」①~大学時代に柔道部を辞めようとした

テーマが柔道になると、話が止まらない内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国し…

【ブラインドサッカー】初のトップリーグ出場クラブ発表~日本選手権覇者 free bird mejirodaiなど4クラブ

トップリーグ「LIGA.i(リーガアイ)のビジュアル(提供:日本ブラインドサッカー協会) 日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は2022年5月30日にオンライン会見を行い、ブラインドサッカー初のトップリーグ「LIGA.i(リーガアイ) ブラインドサッカートップリ…

【ブラインドサッカー】どんな練習をしているの?~編集部見習い記者が日本代表合宿を徹底観察

ブラインドサッカーは〝音が命〟(撮影:いいの) 視覚障がいの選手を対象としたパラスポーツ「ブラインドサッカー」の男子日本代表強化合宿が2022年5月28日、東京・小平市のMARUI ブラサカ!パークで行われた。 日本は東京2020パラリンピックで初めてパラリ…

【ブラインドサッカー】ウエートトレで24年パリパラリンピックに向けてパンプアップ!~日本代表男子合宿

強化合宿で練習の最後に円陣を組む日本代表メンバーとスタッフ(撮影:いいの) 視覚障がいの選手を対象としたパラスポーツ「ブラインドサッカー」の男子日本代表強化合宿が2022年5月28日、東京・小平市のMARUI ブラサカ!パークで行われた。 気温26度を超え…

【連載「生きる理由」71】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「意外な特技の話」②

休日は実家に戻ることが多い内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術と…

【連載「生きる理由」70】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「意外な特技の話」①

リラックスする時間は、勤務先以外の風呂に入っている。首と背中の筋肉がすごい(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監…

【競馬ブログ】「気まぐれウマ放談」 大混戦なら勝ち馬はどこからでも~オークス

3歳牝馬戦線は例年以上に大混戦。王道の桜花賞組だけでなく、優先出走権を獲得したトライアル組、王道路線以外のステップを踏んできた別路線組が一挙集結。どの組から勝ち馬が出てもおかしくありません。

【連載「生きる理由」69】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「自分のためには頑張れない話」

熊本の一部で栽培されている珍しい「白ナス」を手にする内柴正人氏(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、…

【競馬ブログ】「気まぐれウマ放談」 現役トップ牝馬が集結~ヴィクトリアマイル

今週は牝馬によるマイル女王決定戦ヴィクトリアマイル(東京・芝1600m、5月15日)が行われます。復活を期すGⅠ馬、GⅠ初勝利を目指す実績馬、逆転をもくろむ伏兵陣…。各路線でトップを張る女の意地がぶつかります。

【パラスポーツ】 ブラインドサッカー 男子日本代表元監督の魚住稿氏が選手強化部門を統括

ハイパフォーマンスディレクター(HPD)に就任した魚住稿氏(写真左)、右は松崎英吾専務理事(写真:日本ブラインドサッカー協会より) ブラインドサッカー男子日本代表元監督の魚住稿氏が、日本代表や育成部門の統括を担う日本ブラインドサッカー協会(JBF…

【連載「生きる理由」68】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「ショックだった出来事」③

20年秋の格闘技イベント「QUINTET」に向けて柔術の練習に励んでいた内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監…

【連載「生きる理由」67】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「ショックだった出来事」②

2020年1月の結婚式で、地元・熊本へ戻って現在の職場で働くことを列席者に報告(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監…

【競馬ブログ】「気まぐれウマ放談」 2強ムードもスタミナ自慢の伏兵台頭に注意~天皇賞・春

6週連続GⅠの第1弾は、天皇賞・春。2強が抜けているように見えますが、22年の春GⅠは単勝1番人気の馬が全敗。主役はもちろん、一発を狙う伏兵陣も含めて注目馬を紹介します。

【ローレウス世界スポーツ賞2022】 受賞者決定!年間最優秀賞にF1世界王者や東京五輪金メダリスト

ローレウス世界スポーツ賞2022の受賞者(写真:ローレウス) 世界40か国以上でスポーツを通じた社会貢献活動に取り組むローレウス(英国)が4月24日(現地時間)、ローレウス世界スポーツ賞2022全13部門の受賞者を発表した。 年間最優秀男子選手部門は、F1で自…

【連載「生きる理由」66】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「ショックだった出来事」①

学生弟子と一緒にウエートトレーニングをする内柴正人氏(撮影:丸井 乙生) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に…

【競馬ブログ】「気まぐれウマ放談」 オークス・ダービーも混戦?~3歳GⅠ戦線定点観測

春のGⅠ戦線、中でも注目の3歳戦は牡馬、牝馬3冠レースの第1弾となった皐月賞、桜花賞が終了。5月に東京競馬場の芝2400mで行われる日本ダービー、オークスも混戦状態は続くのか。皐月賞、桜花賞の結果を振り返りながら展望します。

【パラスポーツ】 ブラインドサッカー版〝Jリーグ〟 トップリーグ7月開幕

ブラインドサッカーにトップリーグ「LIGA.i」が誕生(提供:日本ブラインドサッカー協会) 日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は2022年4月18日、ブラインドサッカー初のトップリーグ新設を発表した。 リーグタイトルは「LIGA.i(リーガアイ) ブラインドサ…

【連載「生きる理由」65】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「柔道がうまくなる・強くなる話」⑤~覚悟の決め方

内柴正人氏(左)と練習パートナーでもある〝学生弟子〟(写真:本人提供) 2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰…