【連載「生きる理由」10】柔道金メダリスト・内柴正人氏 模索した数年間~今の仕事を始めるまで

f:id:mimiyori_media:20210319224837j:plain

出所から1カ月後の17年10月、内柴氏は独身時代に住んでいた思い出の地を訪れた

(撮影:丸井 乙生)

2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術と柔道の練習をしながら働く、いち社会人となった。 

17年9月の出所から現在の仕事に就くまでの数年間、彼はどんな日々を過ごしてきたのか。内柴氏本人がつづる心象風景のコラム連載、今回は「今の仕事を始めるまで」第1回。拘禁症に悩まされた日々について。

 

 

毎日毎日、幻聴と幻覚

今、風呂屋として働いて1年が経ち、2年目に入りました。

今の仕事を始めるまでの数年間、答えなんか持ってなく、人との出会いだけでその時々でご飯にありついてきた僕。そんな数年間、何をしていたか。今回はそれを書きたい。

 

僕が箱の中に入っていた期間、だいたい7、8年の間に気持ちがぶっ壊れて薬を飲むようになっていました。毎日毎日、幻聴と幻覚。今でも、虎と馬で(当時の幻覚を)夢にみます。夢に出るから書きたくないんだけど、僕のことを守ろうとしてくれる人がそばにいるので書くことができます。 

箱の中では毎日、眠れる薬を何年間も飲んでいました。「外に出たら、やめる」。そう思って、出て来ました。 

自力で眠れなくなっている。眠いのに寝れない不眠だと。目を閉じると鬼の顔が3つ、ぐるぐると回っている。

(あー、幻覚ってこういうふうに出るんだなあ)なんて寝ながら思うのです。

起きている間、家でテレビを見ていても、誰かと話していても、耳の後ろーー何もないところから音が聞こえてくる。スーパーマリオの音楽や効果音。ディズニーの音楽。水の流れる音がとにかくうるさい。

治したい。とりあえず、寝たい。起きていてもうるさいから、その音を消したい。  

 

一番の薬は 疲れるまで体を鍛えることだった

その時期に仕事の世話をしようとしてくれていた、キラキラな投資家のかたがいました。キラキラなジャージをよく着ていたのですが、そんな彼も似たような経験があるようで、安定剤や睡眠導入剤を中くらいの小袋パンパンに持っていました。経験者の彼に相談すると、自分の薬を僕に渡してくれました。その人が一番治ると思っていたものが薬だったのでしょう。

 

ありがたくもらってみたものの、飲めませんでした。僕は、違うんだよな。解決方法は一つ。疲れるまで身体を鍛えて、脳みそと身体の限界を作る。そうすれば、長年飲み続けた薬の成分も身体から出るだろうし、脳みそと身体のピントも合ってくるのではないか? そんなふうに考えていました。

  

眠れるようになったきっかけは柔術

f:id:mimiyori_media:20210319225147j:plain

17年10月、柔術を始めた頃の内柴氏。師匠から丁寧な指導を受けていた

(撮影:丸井 乙生)

だから、当時は別れた妻から柔道にこだわっていないで普通に働くように言われたり、柔術の試合に出ようとすると世間様に「表に出てくるな」と言われたりしたけれど、脳みそが拘禁症でバカになってる。身体が8年も閉じ込められて固まっている。まず、心身ともに正常に戻させて欲しかったのです。 

かと言って、せっかくやっている柔術。試合があれば出ないと日々の練習にハリがなくなり、やめたくなるのは何をしてもそうでしょう。人に見られたくない気持ちもありながら、自分の生活のハリのために試合に出ていたところもあったのでした。

 

時に薬を飲まないと決めて、今まで無理に身体を眠らせていたところを、今度は薬を身体に入れない。

感情が爆発する時もありました。 自分でない自分です。 

いつしか眠れるようになったのは柔術ジム「アラバンカ」に入門して、朝にランニングのトレーニングをして、昼に風呂に入って身体をほぐし、夜の練習をする。そんな毎日を過ごすうちに日中の雑音(幻聴)が消え、鬼の顔が3つも出てきてぐるぐる回ることもなくなりました。

(この項つづく)

   

うちしば・まさと

1978年6月17日、熊本県合志市出身。小3から柔道を始め、熊本・一宮中3年時に60キロ級で全国中学大会優勝。高3でインターハイ優勝。大学2年時の99年、嘉納治五郎杯東京国際大会では準決勝で野村忠宏を破って優勝。減量にも苦しんだことから03年に階級を66キロ級へ上げて2004年アテネ五輪は5試合すべて一本勝ちで金メダル獲得。08年北京は連覇した。10年秋引退表明。11年に教え子に乱暴したとして罪に問われ、上告するも棄却。17年9月出所。得意技は巴投げ。160センチ。18年に現在の夫人と再婚し、1男がいる。20年1月から現在の職場に勤務。 

 

 

 

mimi-yori.com

 

mimi-yori.com