【ラグビー】オータム・ネーションズカップ~アイルランド代表のプチ情報後編 やっぱり犬が好き

wavebreakmedia/PIXTA(ピクスタ)

いよいよ8カ国対抗戦「オータム・ネーションズカップ」が開幕=写真:wavebreakmedia /PIXTA(ピクスタ) ※写真はイメージ

ラグビーの欧州6カ国対抗戦「6nations」に参戦したイングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、フランス、イタリアにフィジーとジョージアが加わった8カ国による対抗戦「オータム・ネーションズカップ」が、11月13日(現地時間)から4週間にわたって行われる。

新型コロナウイルスの影響を受けて中止となった国際試合の代替大会として開催することになった本大会。「6nations」の激闘を終えたばかりの欧州の強豪国に、東欧の雄ジョージア、オセアニアの強国フィジーが加わり、さらなる熱い戦いが繰り広げられる。

開幕戦ではアイルランドとウェールズが対戦。今回はアイルランド代表の意外なプチ情報、後編ではBK陣をご紹介。

 

 

海外出身者多数~進むグローバル化

バックスではグローバル化が進んでいる。

ニュージーランド出身はSHジェイミソン・ギブソン=パーク、CTBバンディー・アキ、WTB/FBジェイムズ・ロウの3人。 

ジェイミソン・ギブソン=パークは、美しい星空で有名なグレート・バリア島生まれのマオリ族だ。19年W杯代表のバンディー・アキはアイルランド居住期間が3年(現在は年数変更)を超えたため、17年11月の南ア戦で代表デビューを果たした。

ジェイムズ・ロウも居住期間を満たして代表の資格を得た。チーフス時代に同僚だったバンディー・アキは「アンビリーバブルな選手。代表選手に値する」と称賛している。

 

ほかにも、両親はアイルランド出身だが、SHキーラン・マーミオン英国生まれのウェールズ育ち。父親ミックは80年代にサラセンズのセンターで、双子の弟リアムもラグビー選手のラガーマン一家だ。 

SOビリー・バーンズはイングランド生まれで、U20当時はイングランド代表として出場。父方の祖父がアイルランド出身であることから代表の資格を持っていた。

 

 

ラグビー一家育ちも多数

ラガーマン一家で育った選手はもちろん多数いる。

 

3大会連続W杯代表のSOジョナサン・セクストンは、父ジョンさん、おじウィリーさんも元ラグビー選手。19年W杯をもって引退したリビング・レジェンド、ローリー・ベストの後を継いで主将に就任した。

 

セクストンを脅かす存在がSOロス・バーン。弟ハリーも元U20代表SOで、同じレンスターに加入したため、母親は「ライバルになるから」と少し心配しているそう。

 

3大会連続W杯代表のベテランユーティリティープレーヤー、キース・アールズは父ゲルさんも元マンスター選手。18年12月、レンスター戦でインターセプトから80メートル独走トライを決め、大きな話題となった。

 

 

10代までゴルフに熱中した選手も

10代まではほかのスポーツを併行していた選手もいる。

CBシェイン・デイリーは、10代中盤までサッカーなど他競技も併行し、ラグビーは「3番目の選択肢」だったという。

CBスチュアート・マクロスキーは、地元リーグのFBだった父ウィルソンの方針で10歳になるまでラグビーをしておらず、10代の頃はゴルフも併行していた。

 

期待の若手にも注目。19年W杯代表の24歳WTBジェイコブ・ストックデールは、新黄金世代の1人とされ、15年頃にW杯代表チームと共に練習したことが飛躍のきっかけになった。

同じく24歳のWTB/FBヒューゴ・キーナンは本職は右WTBだが、左WTB、FBもこなせるユーティリティープレーヤーだ。

  

FW同様に愛犬家が多いアイルランド代表

 

3大会連続でW杯代表のSHコナー・マレーは英大衆紙「ザ・サン」によると、20年夏にモデルのパートナーにせがまれて子犬を飼うことに。しぶしぶ購入したというが、「想像以上に楽しい。自宅をクチャクチャにされることがあるけど、自分が寛大になってきた」と早くもメロメロな様子だ。

 

19年W杯代表のWTBアンドリュー・コンウェイはブルドックを飼っており、自身のトレーニングを兼ねて散歩に連れ出している。その様子を本人インスタグラムに写真をアップしたが、犬はグッタリしており、ラグビー選手ならではのスタミナをうかがわせる。

 

規格外のメンバーもいる。

19年W杯代表のCTBクリス・ファレルは、大食漢で有名だ。食事例は、朝食には卵5個を加え、午後のおやつにはステーキ、夕食はさらにステーキ2キロなど食欲旺盛。昼食はクラブで用意される野菜中心のメニューが不満だという。

 

15、19年W杯代表のCTB/FBロビー・ヘンショーは“ジムの野獣“。筋トレにいそしみ、過去にスポーツライターに名付けられた。

(mimiyori編集部)

 

mimi-yori.com

 

 

※アイルランドーウェールズ戦のもようは、WOWOWで11月13日(金)深夜3時45分~放送予定。

ラグビー|スポーツ|WOWOW