【ふるさとトリビア】今が旬!地元民が写真で教える青森の桜名所「弘前さくらまつりの歩き方」

桜並木が水面に映り、逆さ富士ならぬ〝逆さ桜〟(撮影:いいの)

桜前線は東京をすでに通過し、都内はすっかり葉桜に。4月下旬は東北地方から満開の便りが届いている。

みちのくの桜において、全国的にも有数の名所が青森県弘前市の弘前城。天守閣を擁する弘前公園では、毎年ゴールデンウイークの時期に「弘前さくらまつり」が行われる。

南北に長い長方形の公園は敷地約49万平方メートルで、ソメイヨシノをはじめ約50種類2600本の桜が咲き誇る。

2022年は4月23日~5月5日までが弘前さくらまつり期間。弘前城本丸見学にかかる320円を除くと、無料で一般開放されている。露店の営業は午前9時から午後8時に限定され、アルコールも禁止されているが、密に十分注意して楽しみたい。

 

弘前地域で生まれ育った筆者が、地球の…ではなく「弘前さくらまつりの歩き方」を写真とともに解説。〝バーチャル桜〟ツアーにご案内する。

 

 

 

「弘前さくらまつり」の歩き方

近づくと花びらが美しい(撮影:丸井 乙生)

「日本一の桜」でGoogle検索をかけると、ある2語が並ぶ。

「弘前」と「吉野」――

順位付けなど必要ない、という意見も重々承知の上で、地元出身の筆者としては「弘前の桜が日本一」と手前みそで宣言させてもらおう。

「弘前さくらまつり」は2019年GWの人出ランキングでは約250万人、博多どんたくを抜いて堂々の第1位というデータも存在する。新型コロナウイルス感染拡大前の数字だが、弘前市の人口約18万人を考慮すると、その数字はとてつもない。

 

なぜそんなに多くの人々が青森まで足を運び、桜だけを見に来るのか。

園内の桜並木も圧巻だが、まずは公園に入る前、「外堀」からして一味違うのだ。

 

 

名物「花筏(はないかだ)」とは

弘前さくらまつり名物「花筏(はないかだ)」は誰が撮っても画になる(撮影:いいの)

園内に入る前に、少々弘前公園の周りを散策してみたい。

公園を囲む外堀の両側には一直線に桜が立ち並び、枝が重なり合う木々が水面に反転して浮かび上がる。四方から桜が生えているかのように見えるこのスポットは、常に即席カメラマンでいっぱい。

特に、満開を少し過ぎた時期には、堀の水面を何層もの花びらが流れる「花筏(いかだ)」が現れ、「花の絨毯(じゅうたん)」とも呼ばれるほどだ。

絵の具を流したようにピンク一色に染まった様子は、ポスターやインスタグラムの常連と化している。お笑いコンビ「オードリー」好きの筆者としては、「春日のピンクベストばりだ」とあえて言い続けたい。

 

雪の時期は同じ場所で桜色のライトアップが実施されている(写真:いいの)

 

レトロな元〇〇〇〇のスタバはおさえるべし

スタバから公園内に入るには写真の「追手門」が近い(撮影:いいの)

少し外堀が混雑していたら、公園南側に隣接する「藤田記念庭園」の観覧もおすすめ。j貫つぶし、と言っては失礼なほど、趣深いしだれ桜がお出迎えしてくれる。弘前出身の実業家で、貴族院議員も務めた藤田謙一が造らせたこの庭園は、東北地方で有数の規模約2万2000平方メートルを誇る。

 

もう少し人混みをやり過ごしたい場合は、公園脇のスターバックスコーヒーでまったりしよう。普通のスタバではない。弘前公園前店は1917年に建設された元陸軍官舎。東京では決してお目にかかれない木造のスタバだ。そのため、日本で2店舗目となる登録有形文化財の店舗にも指定されている。

1つ難点を挙げるとすると、「さくら」系商品が東京の開花時期をメインに設定されているため、まつり期間にはいただけないことだろうか。

 

www.youtube.com

(提供:共同通信社)

 

古い&太い~日本一のソメイヨシノ

推定樹齢139年、さっきまで日本最古といわれていたソメイヨシノ(撮影:丸井 
乙生)

公園に入るウオームアップを終えたところで、いよいよ門をくぐって園内へ進んでみよう。おすすめルートは公園東側の「東門」がスタート地点。しばらく歩くと、また「東内門」が見えてくる。

それをまたぐと、巨大なソメイヨシノが目に飛び込んでくる。樹齢130年以上で「日本最古」とされている名物の巨木だ。残念ながら2022年4月22日、福島県郡山市のソメイヨシノが樹齢約150年と判明し、日本最古の座を譲ることになってしまったが、長寿にあやかるシニア層が記念写真を撮るスポットでもある。

 

幹周日本一といわれるソメイヨシノは、弘前中央高校側の出入り口付近に。屋台で買い物をした後の出口としてよく使用される(撮影:丸井 乙生)

また、東門の北側にある「中央高校口」側には、幹周537センチで「日本一太い」といわれる超巨木がそびえ立つ。ガリバーがてのひらを広げたように幹が分かれており、こんな桜の木でかくれんぼをしていたら一生見つかるまい。

 

「け」=食べて

青森県の津軽地方名産である甘いとうもろこし「嶽きみ」。「きみ」は方言で「トウモロコシ」を意味する(写真はイメージ=photoAC)

公園を歩いていると、遠くから屋台のいい香りが漂ってくる。

弘前市の岩木山ふもとの嶽(だけ)地区で栽培されるトウモロコシ「嶽きみ」、陸奥湾名物のホタテなど、海の幸山の幸の香りに包まれ、ついついお店をはしごしてしまう。

ただし、焼きそばとたこ焼きにはお気をつけて。地元民は何の違和感も持たずに食べている味付けだが、一般的には腰が抜けるほど甘いらしい。

極めつきは真っ黒なこんにゃく。1つ100円か150円の通称〝黒こん〟は、まつりの鉄板商品で、常に行列が出来ている。青森名物「しょうがみそ」をつけていただきたい。ただし、こんにゃくに乗ったみそは大変滑りやすいため落下に要注意。

 

レトロな屋台も。店内はコロナ対策で仕切りあり(撮影:丸井 乙生)

初めて訪れた人は、桜に沿って並ぶ屋台で満腹になってしまうが、そこで終わりではない。公園北側にある演芸場エリアには、視界の360度すべてが屋台で埋め尽くされる。屋台の数は園内全体で200軒近くにのぼるといい、いちごあめの隣にいちごあめといった共存共栄、相乗効果の並びもザラだ。

お得情報として、店のおばちゃんのなまりがキツイほど、サービスをしてくれるという筆者長年の「勝利の方程式」も存在する。ぜひヒアリングに努めてほしい。

大人にとってはなぜが笑顔になる、そのお化け屋敷(撮影:丸井 乙生)

また、何といっても欠かせないアトラクションが「お化け屋敷」。筆者がその存在に気づいてから少なくとも十数年以上、同じ場所で同じおじさんが子どもたちを呼び込み続けている。

一度もこのお化け屋敷に入ったことがない同級生には、正直出会ったことがない。津軽弁混じりのお化けと出会えるチャンスは、ここ限定かもしれない。

地元民はさくらまつりについて、「これまで何回行ったことがあるか」ではなく、「今年は何回行った?」がGW明けお決まりのあいさつ。特に、小学生ではGWの思い出作文の大罪がきれいに全員「さくらまつり」。3回?4回?とマウント合戦を広げていた頃が懐かしい。

 

 

自分だけの映えスポット発掘も

夜桜も見どころ。〝逆さ桜〟も昼間とは違った趣(撮影:丸井 乙生)

とはいえ、花より団子になるなかれ。

空を覆うほど豊かな花のボリューム。少し風が強い日には、花びらたちが肩に留まっていることもあるとかないとか。昼には空の青色と桜のピンク色がコントラストを生み出し、青森県の名峰「岩木山」との共演が楽しめる。夜にはライトアップされた幻想的な桜が現れ、カメラを取り出さずにはいられない。

 

なかでも、映えスポット「桜のハート」は夜の観桜を推奨する。桜の枝が夜空を囲むようにハート型を描く地点では、いつもカップルの順番待ち。詳細な位置は非公式なため、人だかりの中を注意して進みたい。

 

あとは現場で!

どこまでも続きそうな圧巻の桜並木(写真:photoAC)

また、2022年は4月10日から「YOASOBI SOUND WALK(サウンド・ウォーク)」も開催されている。若者に人気の音楽ユニット「YOASOBI」の「大正浪漫(ろまん)」と、曲の題材となった小説の物語を歩きながらスマートフォンで聞く無料のツアーだ。

先ほど紹介した藤田記念庭園をスタート地点に、6カ所のポイントを約40分間で周る。マスクで嗅覚を使った楽しみが制限される分、聴覚を使って視覚とともに楽しめる。

 

yoasobi-locatone.jp

提供:オフィシャルサイト

 

そろそろ歩き疲れた頃合いかもしれない。コロナの影響で、完全な形での開催はかなわないが、桜の咲きっぷりとコロナは無縁。毎年通り鮮やかなピンク色をつけるよう、桜たちは着々と準備している。

GWはぜひ、4月14日に運転再開した東北新幹線も使って弘前へ。想像を何段も超えてくる「日本一の桜」を見に、かぎに、聴きに、浴びにいこう。

みにこいへ。みにこねばまいねよ。

(いいの=mimiyori編集部)

 

◆津軽弁の標準語訳

「みにこいへ。みにこねばまいねよ」は津軽弁。標準語では「見においで。見にこないとダメだよ」の意。後半部分は転じて「絶対見に来てくださいね」のニュアンスとなる。

 

mimi-yori.com

 

mimi-yori.com